2022.01.13

360°webカメラ「ミーティングオウル」で円滑なコミュニケーションを実現するWeb会議。

院内での業者との打ち合わせ。

感染防止の観点から、面と向かった打合せの場面は激減しています。病院は外部からの立ち入りも制限されて、業者との打ち合わせはWeb会議が推奨されているのではないでしょうか。Web会議は遠方の方とも会話できる一方で、うまくコミュニケーションが取れなくなったという声も散見されます。

対面での打合せが少なくなった今、Web会議は円滑で快適にする必要があります。今回は、普段のWeb会議をより快適にする、ソースネクストから発売された360°Webカメラ「ミーティングオウル」をご紹介いたします。


360°Webカメラミーティングオウル

複数人でのWeb会議。

誰が話しているのかわかりづらかったり周囲の雰囲気が伝わりづらく普段の打合せと違って発言しにくいと感じたことはないでしょうか。そんな時、参加者の顔や雰囲気を感じ取れるツールが今回ご紹介する「ミーティングオウル」という製品です。ミーティングオウルを設置した部屋がそのまま会議室になるような製品です。

ミーテイングオウルの特徴は大きく3つ。

・360°対応のカメラにより全員の顔が見えることで、臨場感のあるWeb会議を実現。
・AIが最適なタイミングで発言者に自動でフォーカス。
・カメラ、マイク、スピーカーがオールインワン。PCとUSBケーブルでつなぐ簡単接続。


Web会議をより快適にするポイント

必要な機材はこれ1つ。ミーティングオウルを設置した場所がそのまま会議室になります。

しかも、360°対応カメラだけでなくマイクとスピーカーも360°で音を認識、出力します。マイクは、1台で計8個搭載され、半径5.5mまで認識可能です。一般的なカメラを用いたWeb会議と比べて、コミュニケーションを取りやすいよう自然な会話を実現します。

360°のパノラマ撮影

360°対応のカメラ、マイク、スピーカーを搭載。AIが話者に自動でフォーカス。ミーティングオウルは、カメラだけでなく、マイクもスピーカーも搭載。独自のAIで360°方向で声や動きを認識し発言者に自動でフォーカス。誰が話しているか分かりやすく会議を活性化します。

スマホアプリでより快適に

専用スマホアプリで、より便利にご利用頂くことが可能です。専用アプリを使うことで、手動でカメラの向きを変えられる「カメラロック機能」、プレゼンに便利な、発言者を自動追尾する「プレゼンターエンハンス機能」、広い会議室で便利な「2台連結機能」をご利用頂くことが可能です。

安心の出荷実績

国内出荷15,000台突破。導入企業からも高評価を頂いております。出社比率が上がり、ハイブリッド会議が増える中で、業界、地域を問わず導入が進んでいます。従業員数が多い会社 上位100社中4割以上が導入済。ご利用者の約94%が「Web会議の準備や設定が楽になった」と高評価。


360度AIが気配り ミーティングオウル紹介動画


製品の仕様

カメラ360 °、1080pフ ルHD
マイク8個、~半径5.5mまで認識可能
スピ ーカー3個、76dBSPL@1m
Wi-Fi接続MiMo WiFi接続、WPA/WPA2ネットワ ーク 対 応、802.11a/b/g/n、2.4GHz:1~14CH、 5GHz:5 . 2 G H z ( W 5 2 ) 、5 . 3 G H z ( W 5 3 ) 、5.6GH(W56)。Wi-Fiに接続すると最新のファームウェアへの更新、最新の使用状況の確認ができるようになります。
Bluetooth接続5.0 (専用アプリとの接続に使用)
外部接続プラグアンドプレイ(USB2.0)
縦×横×高さ本体)111mm×111mm×273 mm
重量1.2kg
動作環境対応OSWindows® 10 (32ビット/64ビット版)
Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)
macOS Catalina(v10.15)
macOS Mojave(v10.14)
macOS High Sierra(v10.13)
Ubuntu 16.04以降
ChromeOS

さまざまなWeb会議サービスと連携


導入をご検討の方はパースジャパンへご相談ください

Web会議を多用するようになった病院。

話しやすい、聞きやすい会話を実現するミーティングオウルを導入することで、可能な限り普段と同じ環境で議論を進めることが可能です。接続方法もいたってシンプルでややこしい設定は不要です。導入のご検討、ご相談は弊社営業担当もしくは、下記問い合わせフォームよりご依頼ください。

PAGE TOP